分野別過去問一覧【本番形式】 物権

物権の分野別過去問題です。このページでは、一問一答形式をマスターした中級者・上級者向けに本番試験と同様の4択形式で出題。全8問に挑戦!

第1問次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判例によれば、誤っているものはどれか。【判決文】 共有者の一部の者から共有者の協議に基づかないで共有物を占有使用することを承認された第三者は、その者の占有使用を承認しなかった共有者に対して共有物を排他的に占有する権原を主張することはできないが、現にする占有がこれを承認した共有者の持分に基づくものと認められる限度で共有物を占有使用する権原を有するので、第三者の占有使用を承認しなかった共有者は右第三者に対して当然には共有物の明渡しを請求することはできないと解するのが相当である。
第2問占有に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
第3問甲土地の所有者Aが、他人が所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
第4問Aが購入した甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない土地であった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
第5問Aが甲土地を所有している場合の時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
第6問地役権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
第7問不動産の共有に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
第8問相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ) 宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)

Apps Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

このページは人気無料アプリ「宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)」よりコンテンツ提供を受けています。許可の無い転載を固くお断りします。