分野別過去問【本番形式】 物権 第8問

相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
    1. 土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、境界標を設けることができる。
    2. 隣接する土地の境界線上に設けた障壁は、相隣者の共有に属するものと推定される。
    3. 高地の所有者は、その高地が浸水した場合にこれを乾かすためであっても、公の水流又は下水道に至るまで、低地に水を通過させることはできない。
    4. 土地の所有者が直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根を設けた場合、隣地所有者は、その所有権に基づいて妨害排除又は予防の請求をすることができる。

    宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ) 宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)

    Apps Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

    このページは人気無料アプリ「宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)」よりコンテンツ提供を受けています。許可の無い転載を固くお断りします。