【税・その他の重要用語1.1】 固定資産税

今回学習するのは、分野1「税金」の重要用語1.1「固定資産税」です!
まずSTEP1で、用語に関連する基本的な内容を例題を通じて学習しましょう。
次にSTEP2で、宅建試験に頻出する要点をおさえます。
最後にSTEP3で、実際の過去問を解いて理解を確認することで、重要用語の知識を自分のものにしましょう!

関連用語「固定資産税」

読み方
こていしさんぜい
重要度
★★☆☆☆
意味
土地や家屋に対して課される税金。取得した時に一度だけ課される不動産取得税と異なり、不動産を保有している間は毎年課される。

STEP1: 基本事項を覚えよう

まず、重要用語についての基本的な知識を学習しましょう。赤色で隠れている部分をタップして答えを確認!

納税義務者
・原則として、賦課期日(いつ?)に、固定資産課税台帳に所有者として登録されている人が納税義務者となる。
・例外は以下の通り。
・①だれ?がいればだれ?
・②100年より永い存続期間の定めのある何?があればだれ?
・③災害等で所有者不明ならだれ?
課税標準
・課税標準は固定資産課税台帳に登録されている価格(何?)。3年に一度評価替えされ、不服があればだれ?に審査を申し立てることができる。
税額の計算方法
・固定資産税=何?×税率

例題

【次の文章の正誤を答えよ】
2021年1月1日時点で甲土地の所有者はAだったが、一月後の2月1日にAは甲土地をBに売却したので、2021年の甲土地に係る固定資産税の納税義務者はBである。

答えを見る
誤り。固定資産税の納税義務者は、その年の賦課期日(1月1日)時点の固定資産課税台帳に所有者として登録されている者であるので、2021年の甲土地に係る固定資産税の納税義務者はAである。

STEP2: 試験によく出るポイントをおさえる

次に、重要用語に関連した内容で宅建試験に頻出するポイントを学習しましょう。

税率

固定資産税には標準税率があっても、税率の上限・下限はないので、「上限」「下限」を問う選択肢は誤りと覚えておけばよい。
標準税率はどれくらい?%である。税率の上限はある?、下限はある?

納期

固定資産税の納期の決定について、原則と例外を覚える必要がある。
原則:4月、7月、12月、2月中。各市町村の条例で決める。
例外:特別の事情があれば別の期日を定めることができる?

住宅用地の特例

住宅用地の課税標準の特例について、条件とその効果を覚える必要がある。
住宅用地の課税標準額
住宅用地については、特例で、課税標準額が低くなる。
小規模住宅用地:どれくらい?㎡以下の部分→固定資産税評価額×どれくらい?
一般住宅用地:どれくらい?㎡を超える部分→固定資産税評価額×どれくらい?

STEP3: 実戦問題に挑戦!

最後に、実際の宅建試験の過去問が解けるか試してみましょう。このページで学習した内容だけで解けるはず!

令和2年度試験 問24-2

税率

【次の文章の正誤を答えよ】
固定資産税の税率は、1.7%を超えることができない。

答えを見る
誤り。固定資産税の税率の上限はないので、1.7%を超えてもよい。

令和2年度試験 問24-3

納期

【次の文章の正誤を答えよ】
固定資産税の納期は、4月、7月、12月及び2月中において、当該市町村の条例で定めることとされているが、特別の事情がある場合においては、これと異なる納期を定めることができる。

答えを見る
正しい。原則として4月、7月、12月、2月中に各市町村長の条例で納付期日を定めることとされているが、特別の事情があれば、異なる納期を定めることができる

令和元年度試験 問24-2

住宅用地の特例

【次の文章の正誤を答えよ】
住宅用地のうち、小規模住宅用地に対して課する固定資産税の課税標準は、当該小規模住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の3分の1の額とされている。

答えを見る
誤り。小規模住宅用地の固定資産税の課税標準は、固定資産評価額の6分の1である。

今回もお疲れ様でした!


宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ) 宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)

Apps Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

このページは人気無料アプリ「宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)」よりコンテンツ提供を受けています。許可の無い転載を固くお断りします。