【税・その他の重要用語4.1】 住宅金融支援機構

今回学習するのは、分野4「住宅金融支援機構」の重要用語4.1「住宅金融支援機構」です!
まずSTEP1で、用語に関連する基本的な内容を例題を通じて学習しましょう。
次にSTEP2で、宅建試験に頻出する要点をおさえます。
最後にSTEP3で、実際の過去問を解いて理解を確認することで、重要用語の知識を自分のものにしましょう!

関連用語「住宅金融支援機構」

読み方
じゅうたくきんゆうしえんきこう
重要度
★★★☆☆
意味
民間の金融機関が住宅ローンを提供しやすくなるように支援する機関。具体的には、金融機関の住宅ローン債権を買い取ったり保証したりしている。

STEP1: 基本事項を覚えよう

まず、重要用語についての基本的な知識を学習しましょう。赤色で隠れている部分をタップして答えを確認!

住宅金融支援機構の業務1
・あくまで直接融資事業ではなく、証券化支援事業がメイン。
・①買取り:金融機関の住宅ローン債権を買い取り、証券化して投資家に売却
・②保証:住宅ローンが返済不能となった場合、機構が金融機関に保険金を支払う
住宅金融支援機構の業務2
・機構が直接融資をする場合は限定的。
・①災害:災害で住宅が滅失した場合→必要な資金の貸付け等
・②子ども・高齢者:子供を育成する家庭、高齢者の家庭に適した賃貸住宅の建設・改良に必要な資金の貸付け等
・③その他:マンションの共用部分の改良に必要な資金の貸付け等

例題

【次の文章の正誤を答えよ】
住宅金融支援機構は、金融機関の住宅ローン債権を買い取り、証券化して投資家に売却する事業を行っている。

答えを見る
正しい。住宅金融支援機構は、住宅ローン債権を買い取って証券化し、投資家に売却している

STEP2: 試験によく出るポイントをおさえる

次に、重要用語に関連した内容で宅建試験に頻出するポイントを学習しましょう。

買取対象の債権

同じ改良でも、購入に付随する改良や、地震に対する安全性の向上を目的とする改良の場合は買取りの対象となるのに、購入に付随しない改良の場合は買取りの対象にならないことに注意。
特に重要な種類の債権をまとめた。
購入に付随する改良:買い取る?
地震に対する安全性の向上を目的とする改良:買い取る?
購入に付随しない改良:買い取る?
賃貸住宅の建設・購入:買い取る?
中古住宅の購入:買い取る?

高齢者死亡時の一括償還制度

一括償還制度は証券化支援事業(買取型)の制度ではなく、機構による直接融資事業の制度であることを覚える必要がある。一括償還制度の問題で、「証券化支援事業(買取型)」とあったら注意。
制度の内容
60歳以上の高齢者が自ら居住する住宅への、何の?工事・耐震工事に係る貸付について、毎月の返済は利息のみとし、元本返済は死亡時にするという制度
証券化支援事業(買取型)ではなく、どんな?事業の一環

災害関連

災害等で住宅が滅失した場合、機構が必要な資金を貸し出したり、元金返済の据置期間を与えることができる。
災害で住宅が滅失
→代替する建築物の建設・購入に必要な費用をどうする?
何?を設ける

STEP3: 実戦問題に挑戦!

最後に、実際の宅建試験の過去問が解けるか試してみましょう。このページで学習した内容だけで解けるはず!

平成26年度試験 問46-2

買取対象の債権

【次の文章の正誤を答えよ】
機構は、証券化支援事業(買取型)において、住宅の改良(住宅の購入に付随しないもの)に必要な資金の貸付けに係る貸付債権について譲受けの対象としている。

答えを見る
誤り。住宅の購入に付随しない改良は、その費用の貸付債権は買取りの対象にならない

平成24年度試験 問46-3

高齢者死亡時の一括償還制度

【次の文章の正誤を答えよ】
機構は、証券化支援事業(買取型)における民間金融機関の住宅ローンについて、借入金の元金の返済を債務者本人の死亡時に一括して行う高齢者向け返済特例制度を設けている。

答えを見る
誤り。死亡時に一括で元金を返済する特例は、証券化支援事業ではなく、直接融資事業の一環として行われる。

令和元年度試験 問46-4

災害関連

【次の文章の正誤を答えよ】
機構は、災害により住宅が滅失した場合において、それに代わるべき建築物の建設又は購入に必要な資金の貸付けを業務として行っている。

答えを見る
正しい。機構は、災害で住宅が滅失した場合、代替する建築物の建設・購入に係る費用の貸付けを行っている

今回もお疲れ様でした!


宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ) 宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)

Apps Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

このページは人気無料アプリ「宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)」よりコンテンツ提供を受けています。許可の無い転載を固くお断りします。