分野別過去問一覧【本番形式】 権利関係総合

権利関係総合の分野別過去問題です。このページでは、一問一答形式をマスターした中級者・上級者向けに本番試験と同様の4択形式で出題。全13問に挑戦!

第1問次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはいくつあるか。
第2問Aは、中古自動車を売却するため、Bに売買の媒介を依頼し、報酬として売買代金の3%を支払うことを約した。Bの媒介によりAは当該自動車をCに100万円で売却した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
第3問次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはいくつあるか。
第4問次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはいくつあるか。
第5問次の記述のうち、4月1日現在施行されている民法の条文に規定されているものはどれか。
第6問権利の取得や消滅に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
第7問次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはいくつあるか。
第8問次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
第9問次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはいくつあるか。
第10問Aを売主、Bを買主として、令和2年7月1日に甲土地の売買契約(以下この問において「本件契約」という。)が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
第11問次の1から4までの記述のうち、民法の規定、判例及び下記判決文によれば、正しいものはどれか。 (判決文) 私力の行使は、原則として法の禁止するところであるが、法律に定める手続によつたのでは、権利に対する違法な侵害に対抗して現状を維持することが不可能又は著しく困難であると認められる緊急やむを得ない特別の事情が存する場合においてのみ、その必要の限度を超えない範囲内で、例外的に許されるものと解することを妨げない。
第12問成年後見人が、成年被後見人を代理して行う次に掲げる法律行為のうち、民法の規定によれば、家庭裁判所の許可を得なければ代理して行うことができないものはどれか。
第13問AはBに対して、Aが所有する甲土地を1,000万円で売却したい旨の申込みを郵便で令和3年7月1日に発信した(以下この問において「本件申込み」という。)が、本件申込みがBに到達する前にAが死亡した場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ) 宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)

Apps Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

このページは人気無料アプリ「宅建 過去問 2022(一問一答と10年分の過去問演習アプリ)」よりコンテンツ提供を受けています。許可の無い転載を固くお断りします。